オランダ館

1918年に建てられた寄棟建築の旧オランダ総領事邸

コメント

大正時代にオランダ総領事邸として建てられ、その後、ロシアから来たヴォルヒン氏が住んでいた「香りの家オランダ館」。入館は有料です。
150年前の自動演奏ピアノやオランダのアンティーク家具などが展示されています。
自分の好きな香りにブレンドしてもらえるオリジナル香水作りやオランダの民族衣装を着て記念撮影を撮ることもできます。