上野動物園

1882年に開園した日本一の入園者数を誇る動物園

スポンサーリンク
コメント

1882年にオープンした上野動物園は、日本初の動物園であり、350種2500点の動物を飼育しています。入園は有料です。
1972年には、日本で初めてパンダがやってきたことで知られています。
最近では、2021年6月23日にシャオシャオとレイレイのパンダの誕生が話題となりました。
園内は、大きく東側と西側の2つのエリアに分けられていて、ゾウ・ライオン・キリン・サイ・カバなど定番の動物は勿論のこと、一日中、見て回れるほどたくさん動物が飼育されています。
最近、流行の行動展示やガラス窓がたくさん取り入れられているため、ライオン・トラ・クマなどの大型猛獣を目の前で見ることができます。
「こども動物園」で開かれるエサやりタイムは、子どもたちも手で草をあげることに大喜びしていました。