タイル小路

映画「時をかける少女」に登場したタイルが敷かれた路地

コメント

「タイル小路」は、1983年公開の原田知世主演/大林宣彦監督の映画「時をかける少女」に登場し、有名スポットになりました。
映画撮影のために造ったものではなく、1970年にここの住人が大阪万博を記念してタイルを道に埋め込んだことがはじまりと言われています。
現在ではタイルが取り払われ、路地が整備されたため、掲載した写真のような光景を見ることはできません。
2001年3月に撮影した写真のころは、観光客が記念に置いて行ったタイルがたくさん並んでいました。