高松塚古墳

1972年に石室から彩色壁画が発見されて有名になった円墳

【360度パノラマビュー】

帽子のような形が特徴となっている高松塚古墳
帽子のような形が特徴となっている
高松塚古墳
古墳の周りには遊歩道があり、全体を見学可能
古墳の周りには遊歩道があり
全体を見学可能
出土品や石室壁画を展示している高松塚壁画館(入館有料)
出土品や石室壁画を展示している
高松塚壁画館(入館有料)
現地の案内看板で解説していた石室壁画の西壁女子群像
現地の案内看板で解説していた
石室壁画の西壁女子群像
スポンサーリンク
かつて古墳全体を覆っていた保護施設(2006年5月に撮影)
かつて古墳全体を覆っていた保護施設
(2006年5月に撮影)
墳丘全体を冷却してカビの発生抑止中(2006年5月に撮影)
墳丘全体を冷却してカビの発生抑止
(2006年5月に撮影)
明日香村の観光ガイドマップ
明日香村の観光ガイドマップ
コメント

直径18m、高さ5mの小さな円墳となっている高松塚古墳。入園は無料です。
1972年に発見されて日本中から注目された石室壁画は、日月星宿図、四神図、人物図で構成されていて国宝に指定されています。
残念ながら、発見後に様々な問題が発生し、この場所で保存管理ができなくなったため、古墳から石室ごと取り出し、修復作業が行われています。そのため、隣接する高松塚壁画館で模写や模型を使って精巧なレプリカで展示を行っています。