有楽苑

広さ4000坪、国宝の茶室など歴史的建造物のある日本庭園

【360度パノラマビュー】

スポンサーリンク
コメント

有楽苑(うらくえん)は、犬山城の東に位置し、貴重な建物が移築されている日本庭園です。入園は有料です。
茶室「如庵」は、現存する国宝茶席3名席の1つに数えられています。
織田信長の実弟「織田有楽斎」が、1618年頃に京都建仁寺に建てた茶室を、移築して一般公開しています。
建物内は非公開ですが、窓が開いていればそこから室内を見ることができ、薄暗く、華やかさとは懸け離れた落ち着いた茶室です。
大きな特徴としては、床の間の横にある斜め壁、古暦を壁に貼った暦張り、天井の採光窓などがあり、独特の世界観で建築されています。
なお、年に数回、茶室内部に入れる特別公開もあります。