横浜中華街

大小300の中華料理店が集まる国内最大のチャイナタウン

【360度パノラマビュー】

スポンサーリンク
コメント

横浜中華街は、中華料理店220店舗、飲食店80店舗、食品販売店100店舗など、大小合わせて600店舗もあり、神戸と長崎を含む日本三大中華街の一つに数えられています。
1859年の横浜開港に伴い、多くの中国人が住み始めたことが起源となっています。
その後、関東大震災や戦争の復興に伴い、次々と中華料理店がオープンし、色鮮やかな門が入口に立てられ、チャイナタウンとして発展してきました。
北京、四川、上海、広東など、中国四大料理のお店がたくさんありますが、特に広東料理店が多いのは、当時、広東省出身の人が多かったためです。
また、注文してから作るオーダー式の食べ放題のお店も人気であり、皇朝レストラン、横浜大飯店、大珍楼などが有名です。
また、中華街を紹介する便利な案内所として、「ChinaTown80 Hall」があります。
場所は、朝陽門の近くの「横濱ディアタワー1階」で、受付窓口でお店について聞いたり、中華街のガイドマップを入手したりできます。