嵐山鵜飼

嵐山鵜飼を写真で紹介

【360度パノラマビュー】

嵐山鵜飼は、千年の歴史があり、嵐山の夏の風物詩となっています。乗船は有料です。

渡月橋の上流に乗り場があり、出航すると船は川の中央で一列に並び、その目の前を小船に乗った鵜匠が通り過ぎ、鵜飼いを見学します。

船との距離は10mほど離れていますが、かがり火が明るいため、水中に潜りアユを探す鵜が良く見えます。

タイミングが良いと大きなアユを口にくわえて水中から現れ、その光景に観光客から歓声も上がっていました。

乗船時間は1時間あるので、夜景を眺めたり、屋台船の飲み物を買ったり、夜風の吹く中、ゆったりと過ごせます。

スポンサーリンク

嵐山鵜飼の詳細情報

名称嵐山鵜飼
住所京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
電話075-861-0302
営業7月~9月中旬
乗船料大人2300円、小人1200円
リンク公式サイト
※時間については公式サイトをご覧ください

嵐山鵜飼の地図

嵐山のガイドマップ

この記事を書いた人
たびる

旅好き|サイト19年目|会社員|大阪在住
仕事が休みの時にカメラを持って全国の観光スポットを巡っています。
撮影した写真がたくさんあるので観光案内や登山ガイドを掲載しています。

たびるをフォローする
嵐山
スポンサーリンク