御師住宅

かって、富士山参拝者のために提供していた自宅兼宿坊

コメント

小佐野家住宅の古図をもとに1983年に復原された御師住宅(おしじゅうたく)。見学は無料です。
御師住宅の住人は、富士山へ登る参拝者が登頂することで、自分自身にも御利益があると信じ、自宅を宿坊として提供していた建物で、江戸時代には100軒ほどあったようです。
実際に、家の中に入ってみることができ、説明がスピーカーから流れているので当時の様子が分かりやすいです。大広間が幾つもあり、多くの人が宿泊できること、そして、玄関から神殿まで遠い理由は、富士山頂までが遠く長いことに由来しているそうです。
2023年4月2日、建物をリノベーションし、古民家カフェ「KONOHANA」としてオープンしました。