中登山道

奇石や景色など見どころの多い御在所岳の定番登山コース

登山道から見える御在所岳
登山道から見える御在所岳
国道477号線にある登山口から山頂を目指して登山開始
国道477号線にある
登山口から山頂を目指して登山開始
スタート直後は、雨風によって花こう岩が浸食された窪みを進む
スタート直後は、雨風によって
花こう岩が浸食された窪みを進む
その後は周りを木々に覆われた急坂へ変わる登山道
その後は周りを木々に覆われた
急坂へ変わる登山道
このコースの特徴とも言える大きな奇岩が目の前に出現
このコースの特徴とも言える
大きな奇岩が目の前に出現
スポンサーリンク
30分ほど登ると見られる綺麗な景色の広がる展望ポイント
30分ほど登ると見られる
綺麗な景色の広がる展望ポイント
山頂方向も眺められ、ロープウェイの白い柱が印象的
山頂方向も眺められ
ロープウェイの白い柱が印象的
木の上にはヤマガラも姿を見せ自然豊かな御在所岳
木の上にはヤマガラも姿を見せ
自然豊かな御在所岳
さらに急坂は続き、巨石も多く、足元に注意が必要
さらに急坂は続き、巨石も多く
足元に注意が必要
標高が上がるに連れて良く見える名古屋市内の景色
標高が上がるに連れて良く見える
名古屋市内の景色
このコースの名物となっている地蔵岩に到着
このコースの名物となっている
地蔵岩に到着
地蔵岩を過ぎると見えてくる大きな支柱とロープウェイ
地蔵岩を過ぎると見えてくる
大きな支柱とロープウェイ
岩場のアップダウンはその後も続き、キレットも通過
岩場のアップダウンはその後も続き
キレットも通過
この辺りから、急坂に変わり、登山道も終盤へ突入
この辺りから、急坂に変わり
登山道も終盤へ突入
更に登り続けると鎖場も現れ、慎重に岩場を越え、登山道を進む
更に登り続けると鎖場も現れ
慎重に岩場を越え、登山道を進む
突然のように目の前が開け、富士見岩展望台に到着
突然のように目の前が開け
富士見岩展望台に到着
富士見岩展望台からは遊歩道となり、左がロープウェイ、右が山頂方向
富士見岩展望台からは遊歩道となり
左がロープウェイ、右が山頂方向
しばらく歩くと舗装道路に変わり、目の前に見えてくる山頂
しばらく歩くと舗装道路に変わり
目の前に見えてくる山頂
あとは観光リフトに沿って緩やかな道路を進む
あとは観光リフトに沿って
緩やかな道路を進む
標高1212mの御在所岳山頂に登頂し、登山終了
標高1212mの御在所岳山頂に登頂し
登山終了
御在所岳の観光・登山ガイドマップ
御在所岳の観光・登山ガイドマップ
コメント

変化に富んだ登山道に眼下の景色も楽しめる御在所岳の中登山道(中道コース)
御在所岳山頂までは、高低差632m、距離2400m、時間にして2時間30分~3時間ほどの登山コースとなっています。
登山口は、国道477号線(鈴鹿スカイライン)の道路脇にあり、200mほど下ったところに無料駐車場も完備しているので車のアクセスは良いです。
ちなみに、ロープウェイ乗り場から登山口までは1500mほどあり、歩いて30分ほどかかります。
スタートすると、ずっーと上り坂、急坂、上り坂の繰り返しで、結構、キツイ登山コースでした。途中、岩場が出てきたり、景色が眺められたり、変化に富んでいて、奇石と呼ばれている岩石のビュースポットもあります。
なお、登山口を含めて山頂まで山小屋・売店・トイレはありませんでした。