新潮社記念文学館

新潮社の歴史や芥川龍之介などの作品を展示する資料館

コメント

新潮社記念文学館は、1904年に角館出身の佐藤義亮氏によって創設された建物です。入館は有料です。
佐藤義亮氏は、新潮社が出版する全ての本を新潮社記念文学館に寄贈しており、それは今も受け継がれています。寄贈された本の総数は20000冊にも及びます。