浜松城天守閣

1570年に徳川家康が天下統一への足掛かりとして築いたお城

【360度パノラマビュー】

スポンサーリンク
コメント

天守閣は、1958年に復興目的の模擬天守として再建されました。入館は有料です。
浜松城は、徳川家康が天下統一を目指して1570年に築城したお城で、29歳から45歳までの17年間、攻略の拠点として在城しました。
地下には井戸があり、1階と2階は資料館になっており、最上階からは浜松市内の景色を一望できます。
入館料は天守閣だけではなく、天守門の見学も含まれているので忘れないようにしてください。