松本城

1594年の築城当時の姿で現在に残る国宝に指定される名城

【360度パノラマビュー】

スポンサーリンク
コメント

豊臣秀吉が石川数正に命じ、その子・康長が築城した松本城。入館は有料です。
今から400年前に建てられ、火災で焼失することも取り壊されることもなく、現代に残る貴重な天守閣となっています。天守閣・小天守閣・渡櫓・辰巳附櫓・月見櫓の5つの建造物が国宝に指定され、江戸時代に建てられ、現存する天守閣は全国に12城あり、その内の一つになります。
天守閣の中に一歩、足を踏み入れると近代建築と違い、古い木造建築の世界が広がり、床・柱・梁など見るもの全てに過ぎ去った時間の長さを感じました。
また。最上階へ通じる階段は、幅が極端に狭く、上り角度は61度、段差40cmもあり、係の人が付いているほどの勾配で驚きました。