西の河原露天風呂

広さ150坪、草津温泉の名物となっている巨大露天風呂

コメント

日帰り温泉「西の河原露天風呂」は、プールのように広い露天風呂が特徴となっています。入浴は有料です。
源泉の温度は95度と非常に高く、泉質は酸性塩化物硫酸塩温泉で、pH値は1.5と強酸性です。
実際に入浴してみると、最初は広い露天風呂に少し落ち着かないかもしれませんが、体が温まってくると周りの景色を眺めることで、驚くほどの開放感を感じることができます。
草津温泉の湯は無色透明で酸性度が非常に強く、コンクリートやクギを漬けておくと10日ほどでボロボロになり、そのため、ゴシゴシと体を洗わなくても、浸かるだけで綺麗になる効果があります。
ただし、温泉の湯を顔にかけると目がヒリヒリと痛むことがありますのでご注意ください。