全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 鳥取県 > 三徳山
鳥取県 三徳山
国宝「投入堂」が有名で、国の名勝・史跡に指定される山。

地図から選択
三徳山の観光ガイド
切り立った断崖立つ、国宝・投入堂
切り立った断崖立つ、国宝・投入堂。

投入堂までの登山道 三徳山三仏寺
鎖場や急坂の続く、
投入堂までの登山道
奥院が投入堂となる
三徳山三仏寺
パンフレット(PDFファイル) 三徳山ガイドマップ ■三徳山ガイドマップ(0.4MB)
 現地看板撮影。三仏寺周辺や投入堂登山道を紹介した地図。

鳥取県のほぼ中央に位置する標高900mの三徳山。その標高470mにあるのが国宝・投入堂。
一度、見ると脳裏に焼き付くくらいのインパク。写真のような断崖に固定されないで立っていて、木材を年輪測定法で調べると1000年以上前に建てられたことが分かっているようです。
投入堂までは、鎖を持って登る「クサリ坂」や木の根っ子に足をかけて登る「かずら坂」など、厳しい登山道となっていて、修行の道です。登山口は、三仏寺本堂の裏にあり、ここから往復1時間30分ほど。山登りに適した靴で出かけるか、受付でワラぞうりを購入しましょう。
そして、2007年11月14日、60年間、一般人は立入禁止とされてきた投入堂に、選ばれた3名が入りました。テレビで見ているだけでも感動のシーンでした。今回、100年に一回の大修理の法要に合わせて行われた一般参拝だったので、次は100年後になるのかも・・・。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
国宝・投入堂 投入堂参拝登山道 三仏寺 文殊堂 投入堂遙拝所 三徳の町並み その他