全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 青森県 > 白神岳
青森県 白神岳
日本初の世界自然遺産に登録された白神山地の主峰。

地図から選択
白神岳の登山ガイド
白神山地
日本海側から眺める世界遺産に登録される白神山地。

登山道と自然美 白神山地ブナ原生林
登山道の周りには
ブナ・ヒバ林が広がる自然美
ブナ原生林に覆われる白神山地の
世界遺産核心部エリア

1993年、世界遺産に登録されたことから、登山者が急増した標高1235mの白神岳。
白神山地の世界遺産区域は、核心部エリアとその周辺を囲む緩衝エリアからなっています。核心部エリアへは入山手続きが必要となるため、手軽に登山できるのは緩衝エリアとなっています。
白神岳は白神山地の西に位置し、その尾根は核心部エリアに接しているため、山頂から東に世界遺産の大部分が広がるブナ原生林を眺めることができ、大きな魅力となっています。
登山コースとしては、2ルートあり、マテ山コースと二股コース。マテ山コースの方が歴史は新しく、白神岳の定番登山道となっていて時間にして3〜4時間のコース。二股コースは、最短ルートですが急坂が多い険しい登山道となっています。また、白神岳から十二湖へ続く登山道もあるため、下山に利用する人も多いようです。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
白神岳山頂 登山道 登山口 避難小屋 白神岳登山口駅 道の駅「はちもり」 白神山地の空撮 その他