宇治の観光ガイド

平等院を中心に観光名所が宇治川の畔に広がる源氏物語ゆかりの地

パソコン版・京都の宇治を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・京都の宇治を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

平等院

世界文化遺産、1052年に藤原頼通によって創建されたお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
平等院・京都の宇治の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
十円玉に描かれていることでも有名な平等院の鳳凰堂

十円玉に描かれていることで有名な

平等院の鳳凰堂。

扉の格子窓から眺められる国宝指定の平等院の本尊阿弥陀如来像

扉の格子窓から眺められる

本尊の阿弥陀如来像(国宝)

2014に改修工事を行い、美しい姿が戻った平等院鳳凰堂

2014年に改修工事を行い、

創建当時の美しい姿が戻った鳳凰堂。

改修前に撮影した平等院鳳凰堂と比較すると瓦や柱など違いは一目瞭然

こちらは改修前に撮影した鳳凰堂。

瓦や柱など違いは一目瞭然。

平等院は丹土を使用した朱色の塗装に特徴的な金色の宝相華

丹土を使用した朱色の塗装に

特徴的な金色の宝相華。

新たに金箔を施し、青空に鮮やかな金色を放つ鳳凰

新たに金箔を施し、

青空に鮮やかな黄金色を放つ鳳凰。

翼廊に架けられている反橋は平等院中堂の内部見学の時に渡る橋

翼廊に架けられている反橋。

中堂の内部拝観の時に渡る橋。

日本三名鐘の一つに選ばれる鐘楼はレプリカで本物は鳳翔館に展示

日本三名鐘の一つに選ばれる鐘楼。

これはレプリカで本物は鳳翔館に展示。

雲中供養菩薩像・鳳凰などを展示する平等院ミュージアム鳳翔館

雲中供養菩薩像・鳳凰などを展示する

平等院ミュージアム鳳翔館。

国の史跡・名勝に指定されている宇治平等院

国の史跡・名勝に指定されている

平等院について。

コメント

1994年に、「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録された平等院。参拝には拝観料が必要です。

国宝の鳳凰堂は創建当時から残る建物で千年の歴史があり、十円硬貨のデザインに使用されていることで有名になっています。また、一万円札に描かれている鳳凰も平等院が基になっています。

2012年から2年間、屋根の葺き替え、塗り直しなどの改修工事が行われ、2014年10月に落成し、創建当時の美しい姿を取り戻しました。昔の姿も知っているだけに、新しくなった鳳凰堂を見た時は、落ち着いた朱色、美しい屋根瓦、鮮やかな金色の装飾に驚きました。

境内には貴重な国宝を展示する鳳翔館、宇治茶カフェ、ミュージアムショップ、鳳凰堂工事の映像コーナー、休憩室などがあります。また、鳳凰堂の建物内に入れる内部拝観は別途、拝観料が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加