笠置山の観光・登山ガイド

桜や紅葉の名所としても有名な国の史跡・名勝に指定されている山

パソコン版・笠置山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・笠置山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

笠置寺

1300年前に創建、笠置山頂上で修験場として栄えたお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
笠置寺・笠置山の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
日本最大の弥勒大磨崖仏のある笠置寺

日本最大の弥勒大磨崖仏のある

笠置寺。

弥勒大磨崖仏の礼拝堂となっている笠置寺の正月堂

弥勒大磨崖仏の礼拝堂となっている

正月堂。

重要文化財に指定される笠置寺の石造十三重塔

国の重要文化財に指定される

石造十三重塔。

東大寺・大仏殿と深い関わりのある笠置寺の千手窟

東大寺・大仏殿と深い関わりのある

千手窟。

磨崖仏や奇岩などが立ち並ぶ、京都笠置寺の修行場めぐり

磨崖仏や奇岩などが立ち並ぶ、

修行場めぐり。

行場の入口にある身を清めるための笠置寺・胎内くぐり

行場の入口にある

身を清めるための、胎内くぐり。

笠置寺の修行場めぐりの中間地点となる巨大な岩石「平等石」から眺める景色

修行場めぐりの中間地点となる

巨大な岩石「平等石」から眺める景色。

目の前に広がる景色は素晴らしく、笠置寺から眼下の川は、木津川

目の前に広がる景色は素晴らしく、

眼下の川は、木津川。

訪れた11月中旬の景色、京都の笠置寺のいたる所で見られた紅葉

境内のいたる所で見られた紅葉。

訪れたのは、11月中旬。

京都笠置寺の薬師石と呼ばれる花こう岩と赤い紅葉、黄色の紅葉

赤い紅葉、黄色の紅葉。

後は薬師石と呼ばれる、花こう岩。

コメント

日本最大と言われる磨崖仏、巨大岩や奇石など見どころも多い、信仰の山として1300年前に創建された笠置寺。参拝には拝観料が必要です。

奈良の東大寺と関わりが深く、大仏殿の修理の時は「千手窟」で祈願法要がとり行われたり、二月堂で開かれている有名な「お水取り」の起源は、笠置寺にあると言われています。そのため、笠置寺の正月堂の次と言う意味から、東大寺の建物に、二月堂・三月堂と付けられているようです。驚きの事実でした。

あと、様々な巨石を見ながら歩く、全長800mの修行場めぐりが境内にあり、時間にして30分くらい。10ヵ所ほど巨石の見学ポイントがあり、眼下に広がる景色の見えるビューポイントもあり、オススメの散策コースとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加