天保山の観光ガイド

レジャー施設や様々なショップが集まる、人気の大阪港ベイエリア

パソコン版・天保山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・天保山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

海遊館

620種、30000点の魚が飼育されている世界最大級の水族館

世界最大級水族館の海遊館

写真

はクリックすると拡大表示できます
深さ9m、水量5400トンの海遊館の水槽

深さ9m、水量5400トンを誇る

海遊館の太平洋水槽。

水槽の前にはベンチも用意され、海底散歩の気分の海遊館

水槽の前にはベンチも用意され、

海底散歩の気分。

海遊館の太平洋水槽を優雅に泳ぐ、世界最大の魚・ジンベイザメ

太平洋水槽を優雅に泳ぐ、

世界最大の魚・ジンベイザメ。

体重1トンの大きさを目の前で眺められる海遊館の水槽

体重1トンのジンベイザメを

目の前で眺められる水槽。

真っ白な姿で、ゆっくりと泳ぐ海遊館のマンボウ

真っ白な姿で、

ゆっくりと泳ぐマンボウ。

大型の魚に混じって見ることのできるアジの群れ

大型の魚に混ざって泳ぐ

アジの群れ。

ボールや水遊びをして愛きょういっぱいのカマイルカ

ボールや水遊びをして

愛きょういっぱいのカマイルカ。

海遊館にいる浜辺の日光浴スタイルで人気のラッコ

日光浴スタイルでくつろぐ

人気のラッコ。

エサの時間に魚をゲットしたジェンツーペンギン

エサの魚を口にくわえる

ジェンツーペンギン。

スポットライトを浴びて横になっているゴマフアザラシ

ライトを浴びて横になっている

ゴマフアザラシ。

コメント

海遊館は入館ゲートを入ると、まずエスカレーターに乗り、8階まで上り、そこから、魚を眺めながらスロープで出口まで歩くスタイル。館内は一方通行なので、もう一度、見たい場合は、またエスカレーターに乗ることもできます。

一番の見せ所は、巨大な太平洋水槽で、実際目にすると、海の海底を見ているような雰囲気もあり、その深さと奥行感に圧倒されます。ジンベイザメやマンタを見ていると、飽きることがなく、ベンチに座ってのんびりと眺めるのが良いです。

特にジンベイザメのエサやり時間はオススメ。スゴイ勢いで海水を飲み込みオキアミを食べ、周りの小魚も一緒に吸い込む勢いです。

あと、夜の水族館もオススメ。夕方5時に照明が消され、その後、水槽は暗くなります。真っ暗ではなく、薄明かりの世界で実際に見ると、なかなか綺麗です。特に、ブルーに輝く大水槽はスポットライトが魚にあたり、幻想的で、たぶん、見た人しか伝わらない光景だと思います。夜行性の魚や伊勢エビは動き回っていて、反対に寝ている魚も多く見られました。

このエントリーをはてなブックマークに追加