乗鞍岳の観光・登山ガイド

日本百名山の一つ、比較的手軽に登れる標高3000mオーバーの名峰

パソコン版・乗鞍岳を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・乗鞍岳を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(畳平→肩の小屋)

畳平からスタートする乗鞍岳の定番登山ルート

畳平からスタートする乗鞍岳の定番登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
畳平の登山口から乗鞍岳の山頂を目指して登山スタート

畳平にある乗鞍岳の登山口。

山頂を目指して、登山スタート→

登山スタート直後、後を振り返り見える乗鞍岳の畳平と鶴ヶ池

スタート直後、後を振り返り見える

畳平と鶴ヶ池。

乗鞍岳は「高山植物の女王」と呼ばれるコマクサの群生地

この辺りは高山植物の女王と呼ばれる

コマクサの群生地。

しばらく登山すると神秘的な乗鞍岳の不消ヶ池(きえずがいけ)

そして、しばらく歩くと現れる

神秘的な不消ヶ池(きえずがいけ)

乗鞍岳登山はスタートから勾配もほとんどなく、登山道と言うより、楽なハイキングコース

スタートから勾配はほとんどなく、

登山と言うより、ハイキングコース。

急に目の前が開けると、スゴイ雲で下の道路は乗鞍エコーライン

急に目の前が開けるとスゴイ雲。

その下の道路は乗鞍エコーライン。

ここまで来て、初めて見える乗鞍岳最高峰「剣ヶ峰」

ここまで来て、初めて見える

乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰。

乗鞍岳剣ヶ峰の頂上を拡大すると頂上直下は、急斜面のガレ場

剣ヶ峰の頂上を拡大。

頂上直下は、急斜面のガレ場。

登山の途中に目を向けると、8月でも雪のある乗鞍岳の大雪渓で夏スキー

眼下には8月中旬でも雪の残る

大雪渓で夏スキーを楽しむ姿。

登山は疲れることもなく、乗鞍岳の「肩の小屋」に到着

疲れることもなく、肩の小屋に到着。

登山道(肩の小屋→剣ヶ峰)へ続く。

コメント

手軽に標高3000mの山に登れることから人気になっている乗鞍岳の登山道。

登山口の畳平から山頂の剣ヶ峰まで、高低差320m、距離2500m、時間にして1時間30分~2時間ほどの登山コース。

まず、畳平から中間地点の「肩の小屋」までは、アップダウンの少ない林道を歩くので、とても楽です。景色を眺めながら、のんびりと歩け、後のグループからは「乗鞍登山!楽勝!楽勝!」と言う声も聞こえました。しかし、実際に登山と言えるのは、肩の小屋からです。

乗鞍岳は、登山をしない人でも、3000mオーバーの山頂に、比較的、簡単に登れる山となっています。手軽、簡単と言っても、高低差や距離が短いだけで、山頂の気温や風などの条件は、他の名峰と同様なので、靴や防寒、雨対策は勿論、必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加