立山の登山ガイド

日本三霊山の一つ、古くから信仰の山として親しまれ登られてきた霊峰

パソコン版・立山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・立山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道

室堂平からスタートして雄山頂上を目指す、立山登山の定番ルート

室堂平からスタートして雄山頂上を目指す、立山登山の定番ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
室堂平にある立山の登山口から山頂を目指して、登山スタート

室堂平にある立山の登山口。

ここから山頂を目指し、登山開始→

スタート直後は緩やかな登山道が続き、8月でも少し残っている残雪

スタート直後は緩やかな道が続き、

8月中旬でも少し残っている残雪。

30分も登ると見えてくる登山ルートの中間地点の一ノ越山荘

30分も登ると少し見えてくる

中間地点の一ノ越山荘。

標高2700mの一ノ越山荘に到着すると広いスペースがあり、登山の休憩に最適

標高2700mの一ノ越山荘に到着。

広いスペースがあり、休憩に最適。

山頂方向を見ると岩場の急勾配が続き、一ノ越山荘からが登山本番

山頂方向を見ると岩場の急勾配。

一ノ越山荘からは体力が必要。

しばらく登山ルートの急坂を登り続け、振り返ると急勾配が実感できる光景

しばらく急坂を登り続け、振り返ると

急勾配が実感できる光景。

立山の標高2850m付近から見た登山道脇の突き出た断崖

標高2850m付近から見た

登山者一人が立つ、突き出た断崖。

登山ルートも標高が高くなり、小さく見える、みくりが池

標高も高くなり、

小さく見える、みくりが池。

頂上がハッキリ見え始めると休憩者続出の最後の難関

山頂がハッキリ見え始めると

休憩者が続出していた最後の急坂。

そして、360度、絶景が眺められる雄山頂上に到着

そして、雄山頂上に到着。

360度、絶景が眺められる頂点。

コメント

立山黒部アルペンルートの室堂平から登り始める、観光客の人も多く登る、立山の人気登山ルート。室堂平から雄山頂上まで、高低差550m、距離2200m、時間にして2時間くらいの登山ルートとなっています。

スタートしてすぐは緩やかな上りで一気に登れますが、8月中旬でも、ところどころ、雪が残っていて少し歩きにくかったです。

一ノ越山荘からは予想以上に岩がゴツゴツしているので上りも下りも注意が必要となります。特に、岩のないところは乾燥した砂や小石が多く、下山では滑っている人をたくさん見ました。

標高も高くなってくると、景色が良く眺められるので休憩していても気持ちが良く、遠くには槍ヶ岳も見え、眼下には、みくりが池や地獄谷など室堂の自然が広がっています。

そして山頂に着くと、立派な山小屋があり、スペースも広く、その先に雄山神社の峰本社が見えます。ここまで来たら、拝登料を払って、お祓いを受け、標高3003mの山頂に立って360度の絶景を見てみましょう。ちなみに、立山連峰の最高峰は隣にある大汝山となっています。

あと、登り始める前に、室堂ターミナルを出た所にある名水百選「立山玉殿の湧水」をしっかりゲットして水分補給に備えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加