常念岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、北アルプスの岩峰が一望できる絶景スポットの山

パソコン版・常念岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・常念岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(一ノ沢→最終水場)

一ノ沢登山口からスタートする常念岳の登山コース

一ノ沢登山口からスタートする常念岳の登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
一ノ沢にある登山口でここから常念岳を目指し登山開始

一ノ沢にある登山口。

ここから常念岳を目指し登山開始→

スタート直後は木々に覆われる常念岳の登山道を進むコース

スタート直後は

木々に覆われる登山道を進む。

一ノ沢にある登山口から500mほど歩くと出てくる山の神

500mほど歩くと出てくる

山の神。

沢に沿って登山道があるため、丸太橋を渡り進む常念岳の登山コース

沢に沿って登山道があるため、

丸太橋を渡り進む

沢が近いため、キノコやコケも種類豊富

沢が近いため、

キノコやコケも種類豊富。

常念岳登山のスタートから1時間を過ぎ、標高1750mの烏帽子沢を通過

スタートから1時間が過ぎ、

標高1750mの烏帽子沢を通過。

笠原沢まで来ると、目の前に望める常念乗越

笠原沢まで来ると、

目の前に望める常念乗越。

この辺りの登山道は沢の岩場を歩く常念岳コース

この辺りの登山道は

沢の岩場を歩くコース。

急坂の連続で難所でもある胸突八丁に突入

そして、胸突八丁に突入。

ここから急坂の連続。

急坂の途中にある最終水場に到着

急坂の途中にある最終水場に到着。

※登山道(最終水場→常念岳)へ続く。

コメント

一ノ沢登山口からスタートする常念岳の定番となっている登山コース。常念岳山頂までは高低差1530m、距離5700m、時間にして4時間~5時間30分ほどかかります。

スタート直後から木々に覆われる登山道で、沢沿いに登るため、岩を超えたり、丸太橋を渡ったりします。常念乗越までは、景色の変化も少なく、単調な道が続くため、気がつくとハイペースで登っていました。

高低差1530mと大きいため、全体的に上り坂が続きますが、一番キツイのは胸突八丁と呼ばれている付近の30分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加