奥穂高岳の登山ガイド

長野と岐阜の県境に位置し、日本第三位の標高を誇る北アルプスの名峰

パソコン版・奥穂高岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・奥穂高岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(上高地→横尾)

上高地から梓川を歩き、横尾・涸沢を経由する奥穂高岳の登山ルート

上高地から梓川沿いを歩き、涸沢を通る奥穂高岳の定番登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
上高地のバスターミナルから奥穂高を目指し、登山開始

上高地のバスターミナル。

ここから奥穂高を目指し、登山開始→

しばらく登山ルートを歩くと河童橋が現れ、奥穂高岳が望める大展望

しばらく歩くと河童橋が現れ、

奥穂高岳が望める大展望。

河童橋からは木々に覆われる平坦な道が続く奥穂高岳の登山ルート

河童橋からは木々に覆われる

平坦な道が続く。

1時間ほど歩くと明神館に到着するとこの先は、観光客が減り、登山者がメイン

1時間ほど歩くと明神館に到着。

この先は登山者がメインとなる場所。

梓川の畔を歩くため、開放的な景色が続く奥穂高岳の登山ルート

梓川の畔を歩くため、

開放感のある眺めの良い景色。

更に進むと山小屋とキャンプ場のある徳沢を通過

更に進むと山小屋とキャンプ場のある

徳沢を通過。

進行方向の左に見える新村橋が見え、屏風のコル経由で涸沢へ至るルート

進行方向の左に見える新村橋。

屏風のコル経由で涸沢へ至るルート。

新村橋をあとにすると見えてくる荒々しい山頂の前穂高岳

新村橋をあとにすると見えてくる、

荒々しい山頂の前穂高岳。

豪雨被害による登山道工事中だったため、一部、梓川の中を歩く登山ルート

豪雨被害による工事中だったため、

一部、梓川の中を歩く。

奥穂高岳の登山道は、長い長い歩きの末、横尾に到着

長い長い歩きの末、横尾に到着。

※登山道(横尾→涸沢)へ続く。

コメント

上高地からスタートして、横尾・涸沢を経由し、奥穂高岳を目指す登山ルート。上高地バスターミナルから奥穂高岳の山頂まで、高低差1685m、距離18km、時間にして7~9時間くらいかかります。

あまりに距離が長いため、3ページにわたり、登山道を紹介していますので、順番に見て下さい。

上高地でバスを降りると、梓川に沿って、河童橋→明神館→徳沢→横尾の順に登山道を進みます。上高地から横尾の間は、距離が10kmもあるのに、高低差は、わずか110mしかなく、どちらかと言うと、登山道ではなく、遊歩道のような平らな道が続きます。気分はハイキング。しかし、距離が長い分、2時間30分~3時間もかかるので、横尾へ到着した時には、「やっと着いた」と声が出るくらいでした。

そのようなコースなので、登山の本番は、横尾からです。

このエントリーをはてなブックマークに追加