焼岳の登山ガイド

1962年に水蒸気噴火を起こし、現在も山頂で噴煙を上げる活火山

パソコン版・焼岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・焼岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(上高地→焼岳小屋)

上高地の梓川から登り始める焼岳の定番登山コース

高地の梓川から登り始める焼岳の定番登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
上高地の梓川にある登山口から焼岳山頂を目指して登山スタート

梓川のほとりにある登山口。

焼岳山頂を目指して登山スタート→

焼岳登山のスタート直後は、深い緑に覆われ、自然の残る光景

スタート直後は深い緑に覆われ、

自然豊かな景色。

登山道では小さな沢を越えるが、目印は焼岳小屋の看板

小さな沢を越え、

焼岳小屋の看板方向へ進む。

登山口から30分もすると突然のように現れる断崖の焼岳登山道

登山口から30分もすると

突然のように現れる断崖の登山道。

歩きやすい焼岳登山道の合間に出てくるハシゴ渡り

歩きやすい登山道の合間に出てくる

注意が必要なハシゴの岩渡り。

焼岳の標高1900mから見た霞沢岳とその山ろくの大正池

標高1900mから眺める

霞沢岳とその山ろくの大正池。

やっと姿を見ることが出来た焼岳の山頂

そして、やっと姿を見ることができた

焼岳の山頂。

焼岳のこの辺りは、5ヵ所にハシゴが架けられていて、写真は最大のハシゴ

この辺りは5ヵ所にハシゴが架けられ

写真は最大の難所。

焼岳は標高が2000mを越え、穏やかな緑の続く景色

標高が2000mを越え、

穏やかな緑の続く景色。

休憩に最適な焼岳小屋に到着

休憩に最適な焼岳小屋に到着。

※登山道(焼岳小屋→北峰)へ続く。

コメント

上高地から登ることとなる焼岳の定番登山コース。登山口から焼岳山頂まで、高低差900m、距離4000m、この日は、3時間10分かかりました。

シャトルバスを利用して上高地へ入る必要がありますが、登っている途中に変化の富んだ景色が見られるので、楽しい登山となりました。その点を比べると、新中の湯登山口から登るより、こちらのコースをオススメします。

登山口からスタートすると、30分くらいは山の中を歩き、1900mくらいから大正池や焼岳山頂など見えてきます。訪れたのが10月上旬でと言うこともあり、少し紅葉も見えました。7ヵ所くらいハシゴを渡ったり、登ったりする必要がありますが、慎重に通れば心配はありませんでした。

あと、登山口から山頂まで、トイレのある場所は焼岳小屋だけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加