男体山の登山ガイド

日本百名山の一つ、富士山のような美しい円すい型の裾野が広がる霊峰

パソコン版・男体山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・男体山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(二荒山神社中宮祠→七合目)

二荒山神社からスタートし、男体山の南斜面を登る定番登山ルート

二荒山神社からスタートし、男体山の南斜面を登る定番登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
二荒山神社中宮祠の登山口から男体山山頂を目指し、登山開始

二荒山神社中宮祠の登山口。

ここから山頂を目指し、登山開始→

スタートして、すぐに上り坂で深い木々に覆われた男体山の登山道

スタートして、すぐに上り坂。

深い木々に覆われる登山道。

しばらく登ると三合目に到着し、この先は舗装道路を進む

しばらく登ると三合目に到着。

この先は舗装道路を進む。

道路を20分ほど歩くと男体山四合目に到着し、再び上り坂の登山道

道路を20分ほど歩くと四合目。

再び上り坂の登山道。

木々に覆われ、景色もなく単調な登山道が続く男体山

木々に覆われ、景色も眺められない

単調な登山道が続く。

スタートから1時間、小さな避難小屋のある男体山五合目に到着

スタートから1時間、五合目に到着。

小さな避難小屋が出現。

五合目を通過すると徐々に勾配が大きくなる登山ルート

五合目を通過すると

徐々に勾配が大きくなる登山道。

男体山六合目を過ぎるとガレ場に突入し、前半では最大の難所

更に六合目からはガレ場に突入。

前半では最大の難所。

何とか登り切り、やっと見えてきた中禅寺湖

この辺りで、やっと見えてくる

中禅寺湖。

避難小屋のある男体山の七合目に到着

避難小屋のある七合目に到着。

※登山道(七合目→山頂)へ続く。

コメント

二荒山神社中宮祠から登山スタートする登山ルート。男体山頂までは、高低差1200m、距離4000m、時間にして2時間30分~3時間30分のコースとなっています。

中禅寺湖から男体山を見ているだけで、険しい登山道になるだろうと思っていましたが、予想通り、キツイ登山でした。二荒山神社をスタートした直後から上りの道が始まり、結局、それは頂上まで続きました。途中、3~4合目が舗装道路を20分ほど歩くこととなり、唯一、ハイキング気分の時間で、その他は、ひたすら登り続けます。

特に、6合目~8合目は、想像以上の急なガレ場が続き、かなり体力消耗しますが、時々、見える中禅寺湖の景色がきれいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加